ブログトップ

気ままなクルマ生活~日記&言いたい放題~

norielise.exblog.jp

本HP「気ままなクルマ生活」もヨロシクお願いします♪

タイヤで遊ぶ♪

インサイトに乗り始めてよく聞かれるのが…
リアタイヤはどうやって交換するの???


少し古いシトロエンを御存じの方だと・・・

交換時は油圧でリアが持ち上がるの???






















・・・持ち上がりません!


スパッツ(カバー)が外れるだけです(~_~;)
c0078260_20392433.jpg




そんなインサイトのタイヤはとにかく低燃費を狙った為か、現代のレベルではかなり華奢なサイズ。
c0078260_20441052.jpg



オマケに製造年は新車装着時より無交換の11年選手(汗
c0078260_212126.jpg

(でもインサイト専用設計だそうですが…)




ここでちょっと遊んでみることに。

せっかくスパッツを外したついでに手持ちのタイヤを履かせてみよう♪・・・っとその前に。


これが徹底した軽量化の為に採用したと言われるアルミキャリパー
c0078260_21101759.jpg

鋳造品とどれだけの重量差があるのかは分かりませんが、なんとも涙ぐましい努力(汗

ちなみにこのキャリパーをベンチレーテッドディスクと共にビートに移植することも可能だそうですが、
確か市販でスポーツパッドはないはず?(苦笑

ってか、ビートならサーキットガンガン走っても、ノーマルキャリパー&プレーンディスクでも全く問題ないと思いますが(爆



リアはこれまた珍しい冷却用(?)フィン付ドラム
c0078260_21193912.jpg

スパッツ&ディスクタイプホイールでこもり易い熱を少しでも放出する為だと思われますが、
メーカーが採用した形状である以上は間違いなく効果はあるんでしょうねぇ~(感心








本題に戻ります(~_~;)






まずはとりあえず外した「超軽量らしいノーマルアルミ&タイヤ」の重量測定。
c0078260_2183867.jpg

同サイズのものが手元にないのでよく分かりませんが、手に持った感じもかなり軽~い


次に、偶然にも外径がほぼ同じ、サーキットで使ってるビートのリアタイヤ。
Neova AD07 175/60-14
c0078260_21275647.jpg

重量が嵩むのは致し方ないとしても、転がり抵抗はきっと雲泥の差でしょうな(苦笑


履かせてみると・・・足回りとも全く干渉することもなく装着可!
c0078260_21302463.jpg


ノーマルオフセット+45に対し+38ですが、この余裕(^^)v
c0078260_21304082.jpg



ま~間違ってもインサイトでサーキット走ろうなんて思ってませんがね(笑







次に以前乗っていたフィット用に買ったスタッドレスタイヤ

当時は1シーズンしか履きませんでしたが、オークションに出しても二束三文にしかならないことを知り、
車庫の片隅で放置してありましたが…やっと陽の目を見る時が来ましたよ!


但しサイズはノーマルとは大きく違って…175/65-14!
c0078260_22152418.jpg



並べてみるとこんなに差が!
c0078260_22161427.jpg




とりあえず装着前に体重測定。
c0078260_22142333.jpg

インサイトに履くなら、その期間を必要最小限にしたい(苦笑



でもとりあえずは足回りとの干渉もなく・・・
c0078260_22185095.jpg


フェンダーからのハミ出しもなく・・・
c0078260_22192382.jpg


スパッツ付けても余裕で納まりました(^^)v
c0078260_22211641.jpg




今回は実際に試走はしていませんが、手持ちのパーツが思いのほかリユース&リサイクルが効きそうなのでラッキーでした。



まぁ私自身、初代インサイトに使うなんて夢にも思いませんでしたが(爆
[PR]
by noritama-elise | 2011-08-20 21:14 | Insight ZE1