ブログトップ

気ままなクルマ生活~日記&言いたい放題~

norielise.exblog.jp

本HP「気ままなクルマ生活」もヨロシクお願いします♪

ノーマルノススメ(タイヤ編)

連日分不相応に語り過ぎてしまったので今回で終わりにしようかな・・・。


そうそう、今回も語り屋さん飾り屋さんにはなんの面白味もない話ですので、
時間の有効活用の為に読まないことをおススメいたしますm(__)m






















あと、内容はあくまでも個人的主観/経験、(あと妄想少々)に基づくものですので悪しからず。






















・・・では。

前回はエリーゼの運転について、「エリーゼは前荷重状態を作り出せるかどうかがキモ」
と書きましたが、実はエリーゼ自体もドライバーがそういう状態を作り易い仕様になってる。
・・・と個人的には思っています。

エリーゼはエンジン搭載位置の関係から元々前荷重が少ない為に、
前に荷重を掛けないとステアリングが効き難いクルマであることは御承知の通りです。

ただ、ここで大切なのがステアリングの先に付いてるもの・・・タイヤ


ステアリングを切っても、最終的にタイヤがグリップしてくれなければクルマは言うことを聞いてくれず、
とっても怖い思いをすることになります。



特にエリーゼS2の場合は、フロント175mmという大よそ現代のスポーツカーでは有り得ないぐらいに
細いタイヤを履いてます。
(国産車だとせいぜい1.0~1.3Lコンパクトクラスにしか採用されていない細さ?)



このタイヤで一度怖い思いをすると、やっぱり次は太いタイヤカモーンщ(゚Д゚щ)



















なるほど確かに!(゚∀゚)アヒャ



















いや、ちょっと待てよ!?




















ドライバーの腕が変わらない限り、やっぱり怖い思いをするんじゃないっすか?




タイヤのグリップは摩擦力によって決まります。

そして、その摩擦力を上げるには、より強くタイヤを路面へ押し付ける必要があります。
(但し、タイヤのグリップ限界内でね)

となると、“細い・太い”それぞれのタイヤに同じ荷重を掛けた場合・・・


接地面積の大きい(太いタイヤ)方が単位面積当たりに掛かる押し付け力(面圧)は下がる

摩擦力が下がる。

グリップしない(涙


コワ━━━━(゚д゚;)━━━━!!



設地面積が増えている分の相殺で全体としてはプラスマイナスゼロの理屈ですが、
面圧が上がらないとタイヤの温度も上がらないのでやっぱりコワーになりそうです。




となると、太いタイヤのメリットはないのでしょうか?

いやいや、決してそんなことはありません。

より多くの面圧、即ち前荷重を掛けることが出来ればグリップは上がるはずですから。


ただ、ここで問題発生。

細いノーマルタイヤで十分な前荷重を掛けられない(ノーマルタイヤの性能を十分に発揮できない)場合、
太いタイヤになったからと言って更に前荷重を掛けられるの?って話です。

まぁ突っ込み過ぎてアンダー出しちゃうって人にとっては良い具合に辻褄が合うのかも知れませんが、
それはそれで「ノーマルタイヤとの会話が出来てないだけ」とも言えますし、
それぞれのタイヤに合った、然るべき荷重が掛けられていないことに変わりはありません。


逆に・・・フロントタイヤのグリップに拘り過ぎるあまり、後輪荷重がより減ってお尻が不安定になり、
これはこれで怖い気が。





では、次に「同じ荷重でもグリップ力の高いタイヤ(例えばSタイヤ)をフロントに履けばいいんじゃね?」
って考える人が居るかも知れません。



















なるほど確かに!(゚∀゚)アヒャ



















いや、ちょっと待てよ!?




















恥ずかしながら私はSタイヤを履いた経験がなく、荷重が同じでグリップが上なのかどうか自体
よく分からない(恥)のですが、Sタイヤって・・・

タイヤの温度が適正まで上がって初めて本来のグリップ力を発揮する=低いとグリップしない

のイメージですので、この状態で道路(公道・サーキット共に)を走った場合、

タイヤが温まるまでグリップしねぇ~(汗)→ド・アンダーステア

タイヤが温まって来てグリップ力UP!

フロントが食い付き過ぎ~ → ド・オーバーステア


コワ━━━━(゚д゚;)━━━━!!


とまぁ、エラくおっそろしいクルマになりませんか?

(それとも公道ならそこまでタイヤの温度が上がらないのでド・アンダーのまま!?)



ま、こういった予想はあくまでも私の想像ですが・・・そう考えると、安易にフロントだけを太いタイヤ
(若しくは超ハイグリップタイヤ)に履き替えても、場合によっては逆効果になりません!?

  ※タイヤを変えることで外径が変わった結果、前後車高バランス要件が変わってしまうのはとりあえず省きますけどね。




まずはノーマルの細いフロントタイヤで走り込んだ方が、ロータスの設計者/テストドライバーの
意としていることがより理解出来て楽しいんじゃないのかな~?・・・と、個人的には感じております。



っつーかそれ以前に。

公道でノーマルフロントタイヤに役不足を感じる時点で明らかにオーバースピードかと?


公道での無謀運転でコワ━━━━(゚д゚;)━━━━!! 
は無しが先決ってことで(爆



あーーー、今回もまた随分と長文になってしまったのでこの辺で(汗


今回で終わりにしようか思いましたが・・・もう少し続きます・・・たぶん(苦笑





ちなみに・・・

私も今はフロントに205というサイズを履いていますが、理由は・・・

1.175の選択肢がAD07LTSしかない。
2.サーキットでより多くの前荷重をが掛けられるようにしたい。

からです。

ただ、タイヤを変えればおのずとハイトが変わって前後車高も変わってしまい、操縦性に大きく影響しますし
前後のグリップバランスもノーマルの時とは変わってしまうため、車高調あってのサイズ変更です。


金輪際サーキット走らないって決めたら・・・即フロント175のノーマルタイヤに戻しますよ。

だってその方が断然楽しいですから(笑
[PR]
by noritama-elise | 2013-08-26 21:40 | ELISE