ブログトップ

気ままなクルマ生活~日記&言いたい放題~

norielise.exblog.jp

本HP「気ままなクルマ生活」もヨロシクお願いします♪

ノーマルノススメ(スプリング&ショック編)

今日こそ最後にするぞ~!

今回はスプリング&ショックアブソーバのお話です。


















あ、語り屋さん、飾り屋さんにつきましては今まで通りで(笑

















つーか、タイトル見ただけで何が言いたいのか分かる人は分かると思いますので、
皆まで言うな、って方もここまでで(笑



























さて、あとは気楽に(^_^)/





クルマの足回りモディファイに於ける花形はまずタイヤ/ホイールですが、
エリーゼなら、次に手を付けたくなるのはやはりスプリング&ダンパーですよね?よね?


特にエリーゼは走ってナンボのクルマと言うこともあり、走行安定性・操縦性の向上を求めれば、
自ずと“アシを固める(=より硬いバネ&より強い減衰のショックアブソーバ)”
に行きたくなるのが人情です。当然です。





で、ここでまた出ます。


もう、クドいぐらいに書いてますよ前荷重


前荷重・・・要するにクルマの姿勢が前のめりになってる状態です。




んで、クルマを前のめりにさせるためには・・・そうフロントのバネを縮めてやらなくてはなりません。

※フロントが縮まらなくてもリアが伸びれば同様に前のめり姿勢にはなりますが、重心を前に移動する必要がある点で同じです。

ところで。

柔らかいバネを縮めるのと硬いバネを縮めるのとどっちが力が要ると思います?

当たり前のことなんですけど、硬いバネを縮めるにはより大きな力が要りますよね?、



そういうことですわ。



硬いバネを縮めるにはより大きい力(=より強いブレーキング)が必要。


そのブレーキングもタラーッとしてたんじゃ全然縮んでくれない(=前のめり姿勢にならない)ので
より短時間で力を掛け続けられるスキルがないとしっかり前荷重状態を作れないワケです。




その点、ノーマルの柔らかいバネはどうでしょう。

おっかなびっくりの弱くてタラーッとしたブレーキングでも、それなりに縮んでクルマは前のめりに
なってくれる、即ち前荷重状態が作り易い仕様と言うことです。



あとは、っと。

硬い足回りは走行安定性が向上する分、その安定が崩れるのは唐突で挙動は急になりがちです。

ましてや色んな駆動方式がある中で、
ミドシップは1・2を争うほどコントロールが難しい!

と言われておりますので、素早い反応&高いコントロールスキルが必要ですわさ。

※逆にスキルの高い人なら、「硬いアシは変にオツリを貰わない分、乱れを収束させ易い」とも言えますが、
 いずれにせよ慣れてない人にとっては超ムズイことに変わりはありません。




次に・・・ショックアブソーバのお話。


ショックアブソーバは単純に言うと“バネの動きを抑制する装置”ですが、

減衰を柔らかくする→バネは縮みやすいけど伸びやすい。

=前のめり姿勢は作り易いけど、減速Gが弱まったら戻っちゃう(前輪荷重が抜けて舵が効かねぇ)。

減衰を硬くする→バネは縮みにくいけど伸びにくい。

=前のめり姿勢は作り難いけど、減速Gが弱まっても姿勢(前荷重状態)を維持しやすい。


という特性になりますので、この相反する状態の中で折り合いを付けなければなりません。

(もちろん考慮しなければならない要素はブレーキング時だけには限りませんが)


市販の製品はこの調整が可能なモノがほとんどです。

調整機構が1WAYの場合は伸び/縮み一緒にしか調整出来ませんが、2WAY、3WAYともなれば
伸び側/縮み側(高速・低速)とかが独立して調整出来ますので、自分の好みに合わせて幅広いセッティングが可能!です。

・・・が、実際には前後車高とかアライメントとかでもクルマの動きは変わります・・・。



となれば、セッティングは無限大シロートは暗闇まっしぐら(汗

になりかねません・・・。


実際、一番簡単な1WAYのダンパーでも、
減衰調整って1クリックでもクルマの動きが結構変わるんだぁあああ!

って分かりますし、

車高調整ってホンの数ミリでもクルマの動きが全然変わるんだぁああ!
ってのも分かりますのでそういう楽しみ方もあるんですけどね。



その点ノーマルショックの場合は減衰固定ですが、その辺りのさじ加減が(スプリングのレートも含めて)
十分に考えられたセッティングになっているように思います。
(一部には減衰/車高調整の可能なものもありますが、主には最初からサーキット志向のモデルです)


サーキットを走ればもちろん限界は低いですし、足を固めたクルマに比べれば(エリーゼでさえも)普通の乗用車に乗ってるような感覚になってしまいます。

でもその分姿勢変化を作り易いし分かり易いです。




あーーー、なんかクドすぎて自分がウンザリして来ましたので・・・






以下、結論は【タイヤ編】と同じってことで(笑





ただ勘違いして頂きたくないのは、
決してモディファイを否定している訳ではなく。

タイヤにせよショックにせよ、まずはノーマル状態(即ちロータスの思い)をよく理解した上で、
自分なりの解釈や好みを加えて行く方がよりロータス(に限りませんが)と言うクルマを楽しめるのでは?
との個人的な思いでありまする。



以上、長らくお付き合い頂きありがとうございましたm(__)m
[PR]
by noritama-elise | 2013-08-28 09:33 | ELISE