ブログトップ

気ままなクルマ生活~日記&言いたい放題~

norielise.exblog.jp

本HP「気ままなクルマ生活」もヨロシクお願いします♪

駆け抜けたいんだが・・・































訳あって(やむなく)暫くの間、↓がセカンドカーになりました。

c0078260_21504922.jpg

通称E90っていう(らしい)320i

c0078260_22380049.jpg

見ての通り旧型ですが、登録年式は2012年の2年落ちなので比較的新しい方ですかね?

ネットでググってみたら、この2010年5月に直噴エンジンに変わって156PSから170PSにパワーの上がった後期型だそう。

他はどこが変わったか知らん(爆


自分でわざわざディーラーに足を運んでまで乗ろうと思ったことはない車ですが、まぁこんな機会でしか乗ることはないので色々と走ってみたインプレ(みたいなもの)(笑




まず・・・

このクルマが来てから何人かの人を助手席に乗せましたが、ほとんどの人の第一声が・・・。

c0078260_21572465.jpg

「思ったより安っぽいね(爆)」・・・ははは、確かに私もそう思いましたがね。

ちなみに車両価格は発売当時で445万円だそうです。
インパネがシンプルなのはアリだと思いますが、プラスチックの質感が・・・この価格にしては少々安っぽい印象です。

ま、BMWの本領は「駆け抜ける喜び」だそうですので、走りに直接関係ない部分はあまり拘りはないのかも。




ドアの開閉はズッシリした感触で、走り出す前から剛性の高さを感じさせます。

この辺は、同じドイツ車でもアメリカで乗ったVWパサート(以下VW)と随分違った印象です。

ちなみにドアの角度もエラク大きく開くので乗り降りも楽です。走りには関係ないですが。

c0078260_22044539.jpg


シートはドイツ車の先入観を見事に裏切る柔らかさ(笑

c0078260_22051112.jpg

それでもトヨタ車みたいな「底無し沼みたいにケツがめり込んでいくような気持ち悪さ」ではなく、
身体を適度に包み込んでくれるようなサポートを感じるのでかえって好印象です。

最近のドイツ車のトレンドはこういう「硬過ぎない」シートなのか、それとも私の単なる妄想だったのか(苦笑





走り出してからの印象はそのまんま「剛性の高さを感じる」しっかりした印象。

このカッチリ感はVWでは感じませんでしたので、その辺はBMWの面目躍如といったところでしょうか。



・・・っていうか、パーキングスピードではステアリング重っ!(これでも軽くなったそうです)

これも「BMWの味」と感じる人には良いのかも知れませんが、個人的にはちょっと違和感。

但し、走り出してからの中高速レンジではとても良い印象。

適度な重さとステアに対する車の動きはリニアで、自然な感じで走れます。





ミッションはVWのDSGと基本的に同じ機構?VWよかシフトアップ/ダウンは少しスムーズな印象です。

(VWは交差点を曲がる時のようなシチュエーションで、減速してから再加速する際のシフトチェンジの
モタモタ感&シフトショックがすごく気になったので)

それでもDレンジを選択した場合は2速発進になるそうで、走り出しは少々もっさりとした印象なんですね。

アクセルペダルの踏み代が国産車よりは大き目なのも、もっさり感を助長してるのかも。

(それなりに踏めばリニアに加速しますよ、はい)



もちろん中高速で走ってる時には至ってスムーズなシフトチェンジをしてくれるので、スムースさを欠く印象を受けるのは街中でのゴー&ストップやタウンスピードだけです。

・・・ってか、これもドイツ車の味ってヤツ?

でも走るからには絶対にゴー&ストップはあるし、ほとんどがタウン走りなんですがね。



ちなみにDSレンジを選択すれば1速発進してくれますが、これだとちょっと唐突に出る感じ+シフトショック大き目で疲れます。

更にエンジン回転数も高目キープになり、街中ではそれはそれでストレスなので大人しくDレンジで走るのが正解ですね。

ドライバーはもっさり感じても、実際には交通の流れを十分にリードするだけのスピードは出てますので。



そうそう、DSレンジでのマニュアルモードがありましたね。

c0078260_22174766.jpg

これはシフトレバーを左に倒してDSモードにし、そのポジションで前(ダウン)後(アップ)してギアを切り替える機構です。

レバーを前後に操作すれば、シフトチェンジ自体は車がスムーズにやってくれます。

機械としては申し分ない(はず)ですが、肝心のインターフェイスに疑問。

右ハンドルでシフトレバーを左に倒せば、操作位置は自ずとドライバーから遠くなりますわな。

頻繁に操作したいレバーがこんな位置では・・・。

(左ハンドルでは最適位置に来るんでしょうが、BMWも右ハンドルに合せてまで変更はしてくれない?イギリス仕様はどうなんかな?)

じゃあシフトレバーが最適位置にあれば気持ちよく走れる?パドルシフトがあれば問題解決?との考えもありますが・・・

私自身セミAT自体を全く楽しく感じられない旧人類なので、もはや言いがかりに近いのかも(笑




ゴー&ストップ繋がりでブレーキ

ドイツ車はブレーキには定評があるイメージ?なんですが、確かにこの320iも踏力に対してリニアな減速Gで安心してブレーキング出来ますね。

走っている時のスピードコントロールも、とってもやり易いです。

・・・ただ停止する寸前にどうしてもカックン!ってなってしまうんですわな。

止まる寸前に踏力を加減してはいるんですが、どうしても最後の最後でローターとパッドが勝手にガギッと食い付いてしまうような。




逆に嬉しかったのは思いのほか乗り心地が良いこと。

c0078260_22354327.jpg

ま、3シリーズの中でも最廉価グレードなので、タイヤもサスもスポーツ寄りに振ってないからか?
ボディ剛性が高くて足がしっかり動いているからか?これはもっとスポーツに振ったモデルに乗らないと分かりません。




最後にエンジン
搭載位置はなかなかカッコいいですね!

c0078260_22360021.jpg

元より「BMWはエンジン屋」ってイメージなので結構期待していたんですが、残念ながら感動するほどには・・・。

いや、決して悪くないんですよ。むしろとても良い。

回転は全域に渡ってスムーズですし、必要なパワーはアクセル一踏みでいつでも引き出せる良く出来たエンジンだと思います。

・・・が、なにか物足りない。鼓動を感じないというかなんというか。

「M Power」ならもっと血沸き肉躍る感じなんでしょうか・・・。





・・・と言った感じで、まだ400km少々走っただけの印象ですが、この320i、一言でいうと

「特にスポーティでもない普通のセダン」



もちろん入力に対してリニアに反応するところは素晴らしいと思いますし、
もっと尖がった車種・グレードは別にある訳ですから、320iの立ち位置としてはそれは決して間違ってない・・・のか?



ただこの320i、「走ってて楽しいか?」と聞かれれば・・・









「・・・別に」(爆








BMWには「駆け抜ける喜び」ってキャッチフレーズがありますが、ステアリング、トランスミッション、ブレーキ、等々の印象からは、個人的には「駆け抜け続けないと喜べない」が近いかも。


ま、それは私自身BMWフリークでもなければ、評論家並みの感性も無いからなんだと思いますけどね。




・・・と思ってググってみたら、こんな質問箱にぶち当たりました。

「ドイツの高級車、BMWは「駆け抜ける喜び」を味わえるといいますが、 具体的にどの年代、どのモデルですか?」




・・・回答を見る限り、320iに喜びを期待しない方がいいみたいですね(爆











そんな訳でこのBMW、最初の三日で飽きてしまいその後はずっとガレージに放置なんですが・・・

駆け抜ける喜びはなくとも、それとは違う本来の良さを感じるには頑張ってもっと乗らないといけないみたいなので、

週末のお出掛けは出来るだけこのクルマで行くことにします。




でもこのクルマ、なにげに車幅が1,800mmもあるんだよな~。









小さくて軽い車にしか乗り慣れてないのが一番楽しめない原因かも(汗



別のクルマに替えてもらおうかなwww


[PR]
by noritama-elise | 2014-08-18 22:51 | クルマくるま